大分県警察 OITA PREFRECTURAL POLICE

2015 採用特集号

地域警察

Community Police Affairs Department

365日、一番近くで
地域住民の暮らしを守る

警察学校を卒業し、最初に配属されるのが「地域警察」。地域警察では、交番・駐在所等を拠点とした活動、自動車警ら(パトカー)活動、鉄道警察隊活動、そして航空隊活動等、「県民の一番身近な場所」で、事件・事故に対し迅速・的確に対応する活動を行っています。地域警察の主な業務は、「地理案内」「落とし物等の取扱い」「被害届、諸願届の受理」「パトロール活動」「交通事故防止」「犯罪の未然防止等を呼びかける街頭指導・警告」「110番通報への対応」「事件・事故現場の処理」等があります。

地域警察は、地域住民と接しながら、警戒体制を保持し、地域で発生する「あらゆる事案」に即応することで、地域住民の日常生活の安全と平穏を確保することを任務としています。

MISSION

 

地域警察の任務

地域警察は、地域住民と接しながら、警戒体制を保持し、地域で発生する「あらゆる事案」に即応することで、地域住民の日常生活の安全と平穏を確保することを任務としています。

交替制勤務(三交替)について

地域警察官の勤務形態は当直(朝から翌朝までの24時間勤務)・非直(当直明けの9時以降は、書類整理の後に休みとなります。)・週休(休日。勤務の調整で日勤勤務になることもあります。)のローテーションとなっています。

1週間の例
1週間の例

交番のとある1日のスケジュール

1日のスケジュール
1日のスケジュール1日のスケジュール

※1 在所…交番内において、書類作成・整理等を行い、併せて外部に対する警戒を行う活動です。
※2 パトロール…交番の所管区内を、徒歩・自転車・バイク・パトカー等で巡回する防犯活動です。
※3 巡回連絡…交番勤務員が交番の所管区のうち、個々で分担されている地域を巡回訪問し、防犯指導・連絡を行ったり、意見・要望等の聴取をする活動です。
※4 立番…交番等施設外の適当な場所に立って、外部に対する警戒を行う活動です。

生活安全警察

Community Safety Department

現代社会に潜む犯罪の
未然防止に全力で取り組む

県民生活の身近に潜む犯罪を徹底して防止・検挙するのが、「生活安全警察」。犯罪の起きにくい社会づくりのため、自主防犯ボランティア、パトロール隊等と一致団結し、犯罪の未然防止活動を推進しています。その他、増加傾向にある「ストーカー・DV事犯」を初めとして、「犯罪の抑止」「子供・女性・高齢者が被害者となる事犯」「児童虐待事犯」「学校のいじめ問題」「青少年に悪影響を及ぼす福祉事犯」「悪質な生活経済事犯」「サイバー犯罪」等多岐に渡っています。

地域警察は、地域住民と接しながら、警戒体制を保持し、地域で発生する「あらゆる事案」に即応することで、地域住民の日常生活の安全と平穏を確保することを任務としています。

SECTION

 

生活安全部

生活安全企画課 地域課 通信指令室 少年課 生活環境課

刑事警察

Criminal Investigation Department

悪に挑む、正義と勇気
犯罪捜査のエキスパート

犯罪の証拠を収集して犯人を検挙する。それが「刑事警察」。複雑多様化、広域化、国際化する犯罪の中で、「殺人・強盗等の凶悪犯罪」や「ひったくり等の窃盗犯罪」「振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺犯罪」「政治、行政、経済の構造的不正事案等の知能犯罪」「薬物・銃器犯罪、暴力団等の組織犯罪」等の様々な捜査を行い、日々悪と対決しています。また、鑑識活動や「DNA型鑑定」「犯罪プロファイリング」等の科学捜査活動も犯罪捜査の中で重要な役割を果たしています。

■刑事企画課 ■捜査第一課 ■捜査第二課
■組織犯罪対策課 ■鑑識課 ■科学捜査研究所

SECTION

 

刑事部

刑事企画課 捜査第一課 捜査第二課
組織犯罪対策課 鑑識課 科学捜査研究所

交通警察
交通警察

交通警察

Traffic Department

交通事故の抑止を目指して
尊い命を守るパトロール 

交通事故の抑止を目指した活動をしているのが「交通警察」。その活動は、「幼児から高齢者まで幅広い年齢を対象とした交通安全教育」「暴走族の封圧」「交通事故・事件の捜査」「コンピューター制御による交通規制」「交通標識等の安全施設の整備」「交通指導取締り」「運転免許施策」等様々であり、「安全で快適な交通社会の実現」に向け、日々奮闘しています。

■刑事企画課 ■捜査第一課 ■捜査第二課
■組織犯罪対策課 ■鑑識課 ■科学捜査研究所

SECTION

 

交通部

交通企画課 交通指導課 交通規制課 運転免許課 交通機動隊 高速道路交通警察隊

警備警察
警備警察

警備警察

Security Department

極限の状況に立ち向かう
スペシャリスト集団  

要人警護から災害警備まで様々な任務を遂行するのが「警備警察」。その活動は、「大震災、豪雨災害等大規模災害及び突発重大事案対策」「集団犯罪や過激派によるテロ行為等の未然防止対策」「重要施設の警戒警備」「皇族・政府要人等の警衛・警護活動」「山岳遭難・水難救助活動」「新たな治安警備事象への的確な対応」等、国益や人命に関わる重要な任務を担っています。

■刑事企画課 ■捜査第一課 ■捜査第二課
■組織犯罪対策課 ■鑑識課 ■科学捜査研究所

SECTION

 

警備部

警備第一課 警備第二課 機動隊

警察事務
警察事務

警察事務

Police Official

高い専門性と豊富な知識は
警察組織に欠かせない

組織の基盤を支え、警察組織を円滑かつ効率的に機能させるため、「予算編成」「職員の給与や福利厚生」「備品・施設の管理」「落とし物等の管理」「運転免許証の交付・更新」等に携わる事務のほか、「犯人の指紋や足跡の鑑定」「犯罪の分析・総計」「情報管理やシステム開発」等の専門的分野にも渡って活動しています。

■総務課 ■広報課 ■会計課 ■警務課 ■教養課
■厚生課 ■監察課 ■留置管理課 ■情報管理課

SECTION

 

警察事務

総務課 広報課 会計課 警務課 教養課
厚生課 監察課 留置管理課 情報管理課

Copyright (C) 2015 OITA PREFECTUAL POLICE All rights reserved.