大分県警察 OITA PREFRECTURAL POLICE

2015 採用特集号

警察学校

Police Academy

仲間との「絆」、人生の師との「出会い」。
警察官になる、それは新しい物語の始まり。

警察官として採用されれば必ず通る道。「警察学校」。そこに入校した者が行う業務はただ1つ。「学ぶこと」。師から教わり、仲間と一緒に切磋琢磨しながら、強い精神力と豊かな人間性を身につけ、警察官として必要な「基礎知識」「気力」「体力」を習得します。警察人生の基盤を築き、一人前の警察官に成長していきます。
警察官へのスタートライン
警察官へのスタートライン
警察官へのスタートライン

警察学校から、未来の仲間へのメッセージ

平成13年採用教官(教務担当)

失敗を恐れず、スキルアップを目指そう。
警察官になるために必要な知識やトレーニングはたくさんあります。失敗することや、分からないこともたくさんあるので落ち込むかも知れません。でも、それは当たり前のことなのです。警察学校で大切にしてほしいのは、警察官になるための心構え。やる気がある人とない人とでは1時間で学べることが大きく違います。失敗を恐れず、スキルアップを目指してもらいたいと思います。

平成13年採用教官(教務担当) message
警察学校は「警察官になりたい」という同じ志を持った仲間が集まる場所。辛く、苦しいこともあるけれど、その分だけの達成感がきっとある。『今を苦しみ、明日を楽しめ』の気持ちを胸に頑張ろう!

平成15年採用教官(指導担当)

学生たちの個性や長所を大切にしたい。
教官として警察官の卵たちに携わるようになり、2年が過ぎました。学生たちと真剣に向き合いながら、警察官として必要な考え方や姿勢を指導しています。想いを伝えることは簡単なことではありません。しかし、学生たちの個性や長所をちゃんと引き出したとき、学生の情熱のスイッチがオンになり、警察官の表情や雰囲気に変わる。その瞬間に出会えることは大きな喜びです。

平成15年採用教官(指導担当) message
自分だけのためでなく、家族のため、大分県のためなど、理由は何でも構わないので、警察官という職業に誇りを持ってほしいですね。警察学校では、情熱や向上心も大切ですが、素直な心を忘れずに、やるべきことに向き合いましょう。そうすれば、体力的にきついことも乗り越えることができます。

平成26年採用初任科生(警察官A「大学卒業程度」)

強い気持ちがあれば、
きっと乗り越えられる。

警察官になる夢を持ちながら、大学卒業後、1度は他の仕事に就職しました。でも、夢を諦め切れず、もう1度、警察官を目指し、30歳でようやく夢を叶えました。うれしかったですよ。ただ、警察学校での最初の1ヶ月のトレーニングは正直、体力的に辛かったです。精神力で乗り切ったようなものですね。今後は、県民の方から頼りにされる警察官になれるようにがんばります。

平成26年採用初任科生(警察官A「大学卒業程度」) message
入校して生半可な気持ちでは警察官は勤まらないと実感しました。警察官を志す皆さんは、強い気持ちを持って挑んでもらいたいですね。試験に向けての勉強はやればやるだけ結果が出ると思います。まずは第1次試験をしっかりクリアしましょう!

平成26年採用 初任科生(警察官B「高校卒業程度」)

厳しい集団生活が、
自分を成長させてくれる。

教官は厳しいですが、私とちゃんと向き合ってくれるので、私も気持ちで負けないように努力しています。警察学校で仲間とともに集団生活を経験することで、確認を怠ってしまうことや集中力が足りないなど、自分の良くない面に気づくことができたので改善していきたいですね。どんな小さな事案に対しても徹底的に取り組むことができる警察官を目指して頑張ります。

平成26年採用 初任科生(警察官B「高校卒業程度」) message
警察官を目指すなら、まず説明会に参加するなど、いろんなところで情報を集めることをおすすめします。専門的な試験への対策も重要ですが、新聞を読む習慣をつけて、時事問題にも関心を持つことも大切だと思います。

平成26年採用 初任科生(警察官B「高校卒業程度」)

強くて優しい警察官への
ファーストステップ。

警察学校での生活がスタートした直後は、どこにいても気が抜けず、常に緊張している状態でした。でも次第に生活にメリハリがつけられるようになり、仲間とのリラックスした時間も過ごせるようになりましたね。体力や知識を兼ね備えた「強さ」と相手の気持ちを汲み取れる「優しさ」を持つ。そんな警察官が私の理想です。

平成26年採用 初任科生(警察官B「高校卒業程度」) message
私は勉強が苦手でしたので、勉強する習慣を身につけることから入りました。暗記科目や政治経済などは、休み時間や放課後などの時間を上手に使いコツコツ努力すれば成果が出ます。何事も諦めない精神でチャレンジしましょう!

警察学校のある1日に密着

警察学校のある1日に密着

起床

6:40 点呼

早朝ランニングで1日をスタート!
起床、起床~!"のアナウンスで学生たちの1日が始まります。前庭に集合し、点呼後には、体操・ランニングを行います。朝から体を動かし、きれいな空気を体内に取り入れ、1日の活力を養います。

7:00 洗面清掃

7:20 朝食

勉学&訓練を乗り切るエネルギー充電!
バランスのとれた朝食は健康の基本。しっかりと食事をとらないと、1日の授業や厳しい訓練についていけません。しっかり食べて、いざ教室へ。でも、おかわり!!

8:30 授業準備

9:00 1時限目

警察官として身につける知識と教養
1時限目は座学。警察官に必要な知識をとして、憲法や行政法、刑法などの法学を習得。実際の事件にも対応できるよう、しっかりと基礎を身につけます。

10:30 2時限目

もしものときに尊い命を守れるように
2時限目は救急法を学習。教官から説明を受けて理解した後、実践してみる。事件や事故の現場で大切な命を守るために欠かせないスキルです。

11:50 昼飯

12:50 3時限目

基本動作にこそ、警察魂は宿る
3時限は点検教練。中でも、点検は、警察官の職務執行に、人員、姿勢、態度、服装及び日常携帯品等の不備な点を訓練整備し、厳正な紀律を養うため、基本動作を繰り返す訓練。教官の厳しい声に緊張感が走ります。

14:20 4時限目

犯人に立ち向かうための技を磨く
4時限は逮捕術。逮捕術とは安全かつ効率的に犯人を制圧し、逮捕するための技。いざ危機的状況に遭遇しても瞬時に対応できるよう、さまざまな状況を想定して実践訓練していきます。

15:55 5時限目

肉体だけでなく精神を鍛えるために
本日、最後の授業、5時限は柔道・剣道。どちらか希望の術科を選択。一所懸命に訓練し、学校入校中に昇段試験にチャレンジ。初心者でも全く心配いりません。

17:15 清掃

学び舎はいつも美しく
すべての授業が終わると、学内を徹底清掃。警察官である前に人として基本的な生活習慣をしっかり身につけることも警察学校の大きな学びのひとつ。

18:00 夕食

たくさん食べて、リラックスタイムへ
厳しいトレーニングでお腹もペコペコ。ついにお待ちかねの夕食、そして自由時間。自主トレに励んだり、入浴したり、束の間のリラックス。

18:30 入浴・自主活動

就寝前に仲間とのひととき
辛いことや大変なことも仲間がいるから乗り越えられる。語り合い、励まし合いながら深まる、同期の「絆」。さぁ明日も頑張ろう!

22:30 点呼

規則正しい生活が何より大切
就寝前の点呼でハードな1日が終了。明日に備えて、しっかり寝ましょう。規則正しく、健康的な生活の中で警察官としての基本を身に付けます。

23:00 消灯就寝

警察学校の主な年間行事

  • 4月
    ・入校式
    ・特別訓練 
  • 5月
    ・強歩訓練
    ・介護研修
  • 6月
    ・中間試験(短期)
    ・教養効果測定(長期)
    ・実務研修(短期)
  • 7月
    ・登山訓練
    ・無線試験(短期)
  • 8月
    ・校内球技大会
    ・校内弁論大会
  • 9月
    ・卒業試験(短期)
    ・卒業式(短期)
    ・中間試験(長期)
    ・県下柔剣道大会
  • 10月
    ・実務研修(長期)
    ・特別訓練
  • 11月
    ・県下逮捕術大会
    ・登山訓練
    ・校内球技大会
    ・校内駅伝大会
  • 12月
    ・校外研修
    ・校内術科大会
  • 1月
    ・卒業試験(長期)
    ・卒業式(長期)
    ・県下拳銃大会

授業カリキュラム

職務倫理訓育・職務倫理社 会社会法 学憲法・警察行政法・刑法・刑事訴訟法・民法・法学概論
実 務生活安全警察・地域警察・犯罪捜査・交通警察・警備警察術 科点検・教練・けん銃操法・救急法・柔道又は剣道・逮捕術・体育

採用教養システム

短期課程 警察官A(大学卒業程度)

長期課程 警察官B(高校卒業程度)

初任科警察学校で警察官として必要な社会的一般知識や基礎知識のほか、柔道、剣道、逮捕術の体得、けん銃操法等の技能を学びます。
職場実習初任科を修了後、各警察署に配属。
経験豊富な先輩の下で地域・生活安全・刑事・交通・警備等各部門の実際の事件・事故の取扱いを習得します。
初任補修科職場実習での反省や体験を基に、警察学校で最後の総仕上げを行います。
実践実習初任補修科修了後、各警察署において、より独立性を高める内容の実習を行い、実務能力の習熟を図ります。

Copyright (C) 2015 OITA PREFECTUAL POLICE All rights reserved.